the NEXT ステキなあしたへ | Daiichi-TV

放送内容

23456

2021/05/25(火)夜9時54分放送「#241 農家と消費者を繋ぐオーガニック朝市」

静岡浅間神社の門前通り。この一角で毎月開催されるのが、オーガニック農家の朝市「センゲンサンデー」。始まりは6年前。発起人の一人となったのが、浅間通りでオーガニック食材の店を営む圷有恒さん。 「有機栽培農家が野菜を販売するチャンスが少ないんですね。もっとお客様に直接届けられる場所を作りたくてセンゲンサンデーを始めました。」 1985年から約30年間洋食店を営んでいた圷さん。オーガニック野菜を扱い始め...[続きを読む]

2021/05/18(火)夜9時54分放送「#240 料理のプロが農家の家庭料理を発信」

標高50メートル以上で栽培される箱根西麓三島野菜。その品質の良さとおいしさから高い評価を受け、首都圏に流通することが多い。そんなブランド野菜をもっと地元で広めようと始まったのが、みしま農家めしプロジェクトだ。 三島市の飲食店で提供している珍しいメニュー。ニンジンの細切りをたっぷりのせた「にんじん蕎麦」。作っているのは、みしま農家めしプロジェクトの発起人、清野真丈さん。 「にんじん農家さんが実際食べ...[続きを読む]

2021/5/11(火)夜9時54分放送「#239 食で掛川を応援し隊」

コロナ禍で厳しい状況が続く、飲食業界。この危機を斬新なアイデアで乗り越えようとする人がいる。掛川商工会議所、青年部のメンバー「肉食ダイニングあさひ」の加藤健太さん。 「去年4月、緊急事態宣言が初めて出たときに、青空ドライブスルーという企画を考案して実施しました。市政と掛川の飲食店10店舗と協力しあい、公共の駐車場などをお借りし、ドライブスルー方式でお料理を提供しました。今まで味わったことのないスト...[続きを読む]

2021/5/4(火)夜10時54分放送「#238 中川根語り部の会 話楽座」

情感あふれる語りで、昔話の世界へ誘うのは中川根語り部の会「話楽座」。メンバーは9人。小学校や文化会館、独自のイベントなどで地元の民話を語り継いでいる。 薗田はるさん「平成11年、1999年から始めました。(川根本町は)山にも、大きな石にも、川にある淵にも、それぞれ民話が残っています。ふるさとのぬくもりを伝えたい。それが基本になっています。」 商工会の「地域活性化事業」の一環として誕生した「話楽座」...[続きを読む]

2021/4/27(火)夜10時54分放送「#237 ヴァリオス合同会社」

静岡市清水区にあるヴァリオス合同会社。代表を務める石光(せき・ひかる)さんは二人の子どもを持つシングルマザー。 「シングルマザーになって仕事探そうとなった時に。子どもが居るとこんなにも受からないんだっていうのを凄く実感して、子どもがいても働ける、子どもがいるからこそ楽しく働けるっていう働き方を求めて、その時から色々考えるようになりましたね。」 働ける場所がない。だったら作ってしまおうと、この会社を...[続きを読む]

23456