the NEXT ステキなあしたへ | Daiichi-TV

放送内容

12345

2021/6/29(火)夜10時54分放送「#246 古民家SOYハウス」

三保半島の玄関口、清水の折戸で金曜日だけオープンする古民家ソイハウス。 もとは明治42年に建てられた醤油の醸造所。築100年を超える古民家が、去年、地域のコミュニティースペースに生まれ変わった。 運営するのは、地元のラジオ局でパーソナリティーをつとめる山下ともちさん。 「地元のパーソナリティーというお仕事をさせていただくなかで、人と人、地域のつながりってすごく素敵だなと。もともと古民家が好きだって...[続きを読む]

2021/6/22(火)夜9時54分放送「#245 JA遠州中央「いつみ」」

緑豊かな県下有数のお茶の産地。JA遠州中央では地元で収穫されたお茶のブレンドやパッケージングなど、緑茶の普及に力を注いでいる。 JA遠州中央鈴木康一さん「試飲イベントなどお茶の普及活動に努めています。今、若い人たちが急須でお茶を入れて飲むということが、だんだん少なくなってきているのかなと思います。」 そんな中、追い打ちをかけるように新型コロナの猛威が襲い掛かり例年行っている試飲イベントが中止に。 ...[続きを読む]

2021/6/15(火)夜9時54分放送「#244 久努の松並木愛護会」

東海道のど真ん中「袋井」。旧街道の松並木は、およそ400年も前から地域に根付いている。全長2760メートル。 およそ200本の松並木を管理しているのが、「久努の松並木愛護会」の皆さん。 山本正昭さん「歴史ある松並木の保存と、近隣にお住まいの方の生活環境の保全と、通学路の整備をしたり清掃したり、そんなことを主な目的としてやっています。」 歴史的価値だけでなく、今なお、生活の役割を担う松並木。しかし台...[続きを読む]

2021/6/8(火)夜10時54分放送「#243 自転車でめぐるイラストレーター 岩本陽子さん」

牧之原市出身の岩本陽子さんは『自転車でめぐるイラストレーター』。各地を自転車で回りながら風景や見たものをスケッチしている。 「道端に自転車を止めてメモするようにスケッチをするようにしてたんです。それがどんどんたまっていく間にお仕事をもらえるようになって今に至ります。」 18年前、留学先のパリで「ツール・ド・フランス」にちなんだイベントを見て衝撃を受けた。それがきっかけで、サイクリストの道へ。 現在...[続きを読む]

2021/06/01(火)夜9時54分放送「#242 地域就労支援 ケー・ティー株式会社」

ウイルス除菌に有効として、いま注目されている強アルカリイオン電解水。 これに、いち早く目をつけ商品化させたのは、牧之原市で地域の就労支援や、障がい者の支援事業に取り組む木村正利さん。 「この特徴的には、除菌洗浄消臭ですね。由来は全部、水なんです。排水がクリーンな状態で流せる。」 強アルカリイオン電解水「イノリプラス」は、牧之原市の障がい者支援施設「あじさい」で製品のボトリング作業やラベル張りが行わ...[続きを読む]

12345