2022年8月3日

酷暑日

みなさんこんにちは

最近暑いですね。

毎日セノバにいるので、日に日に暑くなっていることを

身をもって感じています。

8月2日は川根本町で39.0℃を観測しました。

大変危険な暑さです。

なぜこのような酷暑になっているのかというと

日本付近は背の高い高気圧に覆われており

地表付近の空気が圧縮されて温度が上がっているためです。

そこにフェーン現象や地形の影響を受けることで

体温超えの気温となった所が多数ありました。

ひとまず、あす以降はこの高気圧の勢力が弱まるので

本来のこの時季の暑さに戻りますが

来週になると、また高気圧の張り出しが強まるので

再び猛烈な暑さが続くようになります。

関東や東海は気温が特に上がりやすく

40℃以上も度々観測されますが

そろそろ40℃以上の日の名前を付けてほしいですよね。。

現在は、25℃以上が夏日、30℃以上が真夏日、35℃以上が猛暑日と

定義されています。

猛暑日も意外と歴史は浅く、使われ始めたのは2007年

当時は35℃でも、相当危険な暑さだったのでしょう。

猛暑日という名前が付けられるまでは「酷暑日」という言葉が使われることもあったそうです。

40℃以上に「酷暑日」を使ってもいいのではないかなあと、最近感じています。

これからもっと当たり前になってくるでしょうからね。

逆に25℃以上の夏日はいるのか?とも思いますが(笑)

兎にも角にも、8月前半は非常に厳しい暑さが続き

また「酷暑日」が出てくるかもしれませんので

体調だけは崩さぬよう、暑さ対策に努めましょう!