ふわっふわ!!

皆さんのご家庭のオムライスは、どんなオムライスですか?

 

卵かため?とろふわ?

お店で出てくるようなオムライスが家でも食べられたら…

 

食べられるんです!

しかも、できちゃんです。簡単に!

 

セ・ラ・ヴィ』 の鈴木啓介シェフに教えていただきました✨
たまご2

レシピは、「まるごと」のHPにも載っていますが、改めて…

 

ポイントは、スピード混ぜ方

【 材 料 】  1人分

・たまご3個

・生クリーム40グラム

・塩少々

・バター1g

・オリーブオイル 適量

 

【 作り方 】

1、ボウルにたまご生クリーム少々を入れて混ぜる。

混ぜ方は、全体的に色のムラがなくなるように!

☝ シェフは、ホイッパーで結構ガシガシ混ぜていました…が!混ぜすぎはNG!

 

フライパンは、テフロン加工のものがオススメ。

☝ なめらかでくっつかない&たまごが破れない。

 

2、フライパンを中火で熱し、煙が出たら、オリーブオイルをやや多めに入れる。

サラサラになったらバター(1g)を入れる。

 

3、バターを入れたらあとはスピード1分勝負!

☝ 時間をかけると、フワフワにならない。  

バターがとけたら、溶きたまごを一気に投入!

☝ 遅すぎると、バターが焦げてフワフワになりません。

 

4、溶きたまごを入れたら、さい箸で、大きくかき混ぜる。

外側から内側へ大きく、空気が入るように!

☝ フライパンを持つ手も動かす。両手を動かすことで、かき混ぜるのが2倍の力になる。

 

5、スクランブルエッグの2歩手前で、かき混ぜるのを止める。

 

6、ゴムヘラを使って、フライパンのヘリによせる。

 

7、フライパンの取っ手を2回くらい叩いて、フライパンの持ち方を変えて、チキンライスの上にひっくり返せば…

出来上がり!

たまご3

ん~ふわっふわ!おいしそ~う♡

たまご4

 

使ったのは、『清水養鶏場』の“美黄卵

静岡県内の飲食店でこの文字を見たことがある方も多いはず!

黄身がブリン!と大きくて、新鮮な証!白身が二層になっている卵。

一度食べるとやみつきになる美味しさ(;_;)✨

 

美黄卵を産んだのが、この子たち🐓

たまご1

美味しい卵をありがとうございます!!!

 

卵の美味しさをダイレクトに感じるNo.1は、王道“卵かけごはん
いわゆる“TKG”ですが、オムライスを作る際は一度このレシピで試してみてください!

たまご5