2016年6月

梅雨入りを知らせる花

最近はくもりや雨が多くなって、梅雨らしい天気になってきましたね。

こちらは局前に咲いている栗の花。

先週(6/13) と きょう(6/20)の様子です。

DSC_0876 DSC_0878 (1)

すっかり花が落ちています。

栗の花は梅雨入り少し前に花が咲いて、梅雨に入ると花を落とします。

「墜栗花」(ついりばな、あるいは、ついり)と言われ、梅雨を知らせる花とされています。

気温や湿度でも季節変化を感じますが、

植物や生き物も季節の変化を教えてくれますね。

そして、まだ先ですが、梅雨明けを教えてくれる花もあるんですよ。これはまた別の機会に。。