県庁に行こう!

3月19日放送「ラ・ぶらり Shizuoka」
県庁に行こう!

いかがでしたか?

県民向けに随時、県庁見学を実施している静岡県庁。
そこで今回は、県庁を見学して
その魅力や役割をリポートしました。

国の登録有形文化財に指定されている本館には、
絵画や写真、彫刻などのアートが展示されていて
ちょっとした美術館気分が味わえます。

続いて別館へ。
あらゆる災害に対応する「危機管理センター」を訪れた
アマンダとジックサン。
こちらでは情報収集・分析エリア、整理・調整エリア、
意思決定エリアなどに分かれ、あらゆる災害に備えています。

アマンダ「この席は何をするところなんですか?」
「こちらは意思決定エリアといいます。
対策本部長の知事をはじめ、県の幹部職員などが集まって、
応急対策や人命救助などについて話し合います。」

2017032001

被害状況が視覚的にもわかるように、
モニターには各地のライブ映像が。
「ここにいるだけですべてを管理できるんですね。」

一般開放されている別館21階の富士山展望ロビーからは
静岡市街が見渡せます。晴れた日には富士山も!
県庁見学について、詳しくはWeb「静岡県庁見学」で検索。

みなさんも、県庁見学で色んな発見をしてみてはいかがですか。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

そして「ラ・ぶらり Shizuoka」
今回をもって、最後の放送になりました。
2年間ご視聴どうもありがとうございました。
みなさん、これからも静岡県の魅力に注目していってくださいね!

2017032002

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★