3月19日放送「ラ・ぶらり Shizuoka」
県庁に行こう!

いかがでしたか?

県民向けに随時、県庁見学を実施している静岡県庁。
そこで今回は、県庁を見学して
その魅力や役割をリポートしました。

国の登録有形文化財に指定されている本館には、
絵画や写真、彫刻などのアートが展示されていて
ちょっとした美術館気分が味わえます。

続いて別館へ。
あらゆる災害に対応する「危機管理センター」を訪れた
アマンダとジックサン。
こちらでは情報収集・分析エリア、整理・調整エリア、
意思決定エリアなどに分かれ、あらゆる災害に備えています。

アマンダ「この席は何をするところなんですか?」
「こちらは意思決定エリアといいます。
対策本部長の知事をはじめ、県の幹部職員などが集まって、
応急対策や人命救助などについて話し合います。」

2017032001

被害状況が視覚的にもわかるように、
モニターには各地のライブ映像が。
「ここにいるだけですべてを管理できるんですね。」

一般開放されている別館21階の富士山展望ロビーからは
静岡市街が見渡せます。晴れた日には富士山も!
県庁見学について、詳しくはWeb「静岡県庁見学」で検索。

みなさんも、県庁見学で色んな発見をしてみてはいかがですか。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

そして「ラ・ぶらり Shizuoka」
今回をもって、最後の放送になりました。
2年間ご視聴どうもありがとうございました。
みなさん、これからも静岡県の魅力に注目していってくださいね!

2017032002

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

3月12日放送「ラ・ぶらり Shizuoka」
友好提携35周年!中国浙江省

ご覧いただきましたか?

静岡県との友好提携が、今年で35周年を迎える中国浙江省。
そこで今回の放送では、静岡県と浙江省との友好関係を探りました。

中国上海の南に位置する浙江省、面積は静岡県のおよそ13倍、
人口はおよそ15倍!
ともにお茶とみかんの産地で、かの聖一国師は
浙江省からお茶の種を持ち帰り、静岡に伝えたといわれています。
気候、風土など共通点も多く、1982年に友好提携を結びました。

アマンダとジックサンが訪れたのは、焼津市のカヤ精密工業。
ドアミラーなどの自動車部品を製造するこちらの工場では、
10年前から浙江省からの実習生を受け入れています。
3年間、静岡県で技術や文化を学び、交流の架け橋となる実習生。
技能試験なども、一回で合格する優秀な方が多いそうです。

アマンダ「どうしてここで仕事を始めたんですか?」
「日本が好きだから!」

blog_2017031301

中国に戻ったら、こちらで学んだことや
静岡県のいいところなどを、友達などに紹介してもらって
友好の輪がもっと広がるとうれしいですね。

様々な分野で交流している、静岡県と浙江省。
友好の輪がますます広がり、
この関係が末永く続いていきますように…。


そして、番組へのご意見・ご感想はこちらから!
毎月抽選で3名様に、静岡県イメージキャラクター
「ふじっぴー」グッズをプレゼント!

・毎月抽選で1名様・・・・・・ふじっぴーぬいぐるみ
・毎月抽選で2名様・・・・・・ふじっぴー貯金箱
ふるってご応募ください!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「ラ・ぶらり Shizuoka」次回は、
3月19日 日曜日放送
県庁に行こう!

県民向けに随時、県庁見学を実施している静岡県庁。
そこで次回の放送では、県庁の中を見学して
その魅力や役割をリポートします。

2017031302

県民でも、意外と知らない静岡県庁。
色んな発見がある県庁見学、ぜひご覧くださいね。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

3月5日放送「ラ・ぶらり Shizuoka」
津波対策最前線!

いかがでしたか?

東日本大震災からまもなく6年。
静岡県では、地域の特性を踏まえた
「静岡方式」による津波対策を県内全域で実施しています。
そこで今回の放送では、津波対策の最前線をリポートしました。

およそ506kmという長い海岸線を持つ静岡県。
現在、遠州灘では防潮堤の工事が行われています。
現在約4.5kmが完成、全て完成すれば全長なんと17.5km!
防潮堤を見学するために、2人は浜松市の工事現場へ。

完成した防潮堤を見た2人の反応は・・・

20170227001

アマンダ「なんか想像と全然違うね!」
ジックサン「もっとコンクリートがダーってなってるイメージだった」

目の前に広がるのは、木々で青々とした防潮堤。
こちらでは毎年春と秋に、地域の方々が市民植栽に協力、
マツを植えることで景観・環境面に配慮しているんです。

次に2人が足を運んだのは、津波から命を守る
「命山」(津波避難マウント)。
普段は公園として、地域の人々の憩いの場になっています。
その他にも、県内各地で津波避難タワーの整備などが進められています。

様々な津波の対策に取り組んでいる静岡県。
3月12日を中心に、県内沿岸地域で津波避難訓練を実施します。
避難場所などを確認して、みなさんも訓練に参加してくださいね。


そして、番組へのご意見・ご感想はこちらから!
毎月抽選で3名様に、静岡県イメージキャラクター
「ふじっぴー」グッズをプレゼント!

・毎月抽選で1名様・・・・・・ふじっぴーぬいぐるみ
・毎月抽選で2名様・・・・・・ふじっぴー貯金箱
ふるってご応募ください!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「ラ・ぶらり Shizuoka」次回は、
3月12日 日曜日放送
友好提携35周年!中国浙江省

静岡県との友好提携が、今年で35周年を迎える中国浙江省。
現在、富士山静岡空港から浙江省へは
杭州線と寧波線が定期就航しています。
そこで次回の放送では、静岡県と浙江省との友好関係を探ります。

2017030602

人材交流など、いろんな分野で交流している静岡県と浙江省。
ぜひご覧くださいね。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

2月26日放送「ラ・ぶらり Shizuoka」
世界で活躍!JICAボランティア

ご覧いただきましたか?

アジア、アフリカ、中東などで、コンピューター技術、教育、
医療など、さまざまな職種で活躍するJICAボランティア。
現地の人々とともに生活し、原則2年間の活動をします。
今回の放送では、まもなく春の募集が始まる
JICAボランティアの取り組みをリポートしました。

ボランティア経験者の方が開店したお店へ伺った2人。
こちらでは、ボランティア活動中にホストファミリーのお母さんに
教わったジャムを作って、販売しています。
さらに、研修中に学んだことも。

「地方の抱える課題や、魅力をたくさん知ることが出来て、
静岡でそういった魅力をどんどん発信していけたらと思って。」
ボランティア中の貴重な経験から生まれた
手作りジャムを2人もいただいてみました。
アマンダ「果物の味が結構そのまんま!でもおいしい!」

2017022701

そして参加希望者へのアドバイスも・・・
「行ってみたいなと思ったら、職種や活動分野も豊富なので
ぜひ参加してみてください、世界が広がると思いますよ!」

春のボランティア募集にあわせて県内3か所で説明会を開催。
興味のある方はぜひ、足を運んでくださいね。


そして、番組へのご意見・ご感想はこちらから!
毎月抽選で3名様に、静岡県イメージキャラクター
「ふじっぴー」グッズをプレゼント!

・毎月抽選で1名様・・・・・・ふじっぴーぬいぐるみ
・毎月抽選で2名様・・・・・・ふじっぴー貯金箱
ふるってご応募ください!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「ラ・ぶらり Shizuoka」次回は、
3月5日 日曜日放送
津波対策最前線!

東日本大震災からまもなく6年。
静岡県では、地域の特性を踏まえた
「静岡方式」による津波対策を県内全域で実施しています。
そこで次回の放送では、津波対策の最前線をリポートします。

20170220002

様々な津波の対策に取り組んでいる静岡県。
みなさんも番組を見て、津波対策を確認してくださいね!


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

2月19日放送「ラ・ぶらり Shizuoka」
福祉の仕事を目指す高校生

いかがでしたか?

いま、介護など福祉の現場では人材不足が問題に・・・
そこで今回の放送は、福祉のプロを目指す高校生を取材、
その魅力をリポートしました。

静岡県の福祉関係の仕事の有効求人倍率は3.73倍
全業種の倍以上。(平成28年11月 静岡労働局調べ)
深刻な人材不足になっています。
そこで2人が訪れたのは、県立富士宮東高校。
こちらの福祉科では106名の生徒が福祉の仕事を目指し、
勉強や実習に励んでいます。
介護福祉士の国家試験の合格率は5年連続で100%!

授業では実習も充実、
それぞれの学年に応じたカリキュラムが組まれています。
さらに教室だけでなく、3年間で57日間の施設実習も。

アマンダとジックサンも実習を体験。
左半身が麻痺した利用者を想定し、車椅子からベッドに移動する
優しくて心のこもった仕事です。
ふたりの感想は・・・
ジックサン「ほんとに優しいなっていう、心のケアも。」
アマンダ「心大事よね!」

2017022001

2017022002

3月には県内、東中西部の会場で
『平成28年度 福祉の就職&進学フェアin静岡』が開催されます。
詳しくはWEB「福祉の就職&進学フェアin静岡」で検索。
福祉のプロを目指す高校生のみなさんを
みんなで応援していきましょう!


そして、番組へのご意見・ご感想はこちらから!
毎月抽選で3名様に、静岡県イメージキャラクター
「ふじっぴー」グッズをプレゼント!

・毎月抽選で1名様・・・・・・ふじっぴーぬいぐるみ
・毎月抽選で2名様・・・・・・ふじっぴー貯金箱
ふるってご応募ください!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「ラ・ぶらり Shizuoka」次回は、
2月26日 日曜日放送
世界で活躍!JICAボランティア

アジア、アフリカ、中東などで、コンピューター技術、教育、
医療などの職種で活躍するJICAボランティア。
現地の人々とともに生活し、原則2年間の活動をします。
次回の放送では、まもなく春の募集が始まる
JICAボランティアの取り組みをリポートします。

2017022003

貴重な経験で、世界が広がるJICAボランティアの活動。
ぜひご覧くださいね。


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ラ・ぶらり Shizuokaは…

「ラ・ぶらり Shizuoka」は、静岡県の広報番組です。ジックサン・オーガスティン(インド出身)と、アマンダ(ブラジル出身)が、静岡県のイイところを知るべく、県内各地へ勉強の旅に出かけます。

毎週日曜よる9:54放送
※放送時間は、変更する場合があります。

サイト内検索

記事カテゴリー

関連リンク

訪問者数

  • 総訪問者数:6294人
  • 今日の訪問者数:5人
ページの先頭へ