4年間を36秒にかける!

森 栄太

射撃25mラピッドファイアピストルのリオオリンピック代表 森栄太選手です!

森選手は浜松市出身で、

浜松工業高校時代はサッカー部に所属していたスポーツマンでした。

卒業後、航空自衛隊に入隊。

訓練の一環で受けた射撃検定で抜群の成績を出し、

22歳のときに射撃を始めたという経歴の持ち主です。

射撃25mラピッドファイアピストルは25m先にある5枚の標的を

8秒、6秒、4秒の間にそれぞれ5発速射して得点を競うスポーツ。

最も短い4秒速射の場合、撃つ間隔はわずか0.6秒!!まさに「神業」です。

mori 1

競技時間は8秒、6秒、4秒の速射を2回ずつ。合計で36秒のみ!

4年間、まさに「一瞬」のために全てを打ち込んできたのです。

33歳にして初のオリンピック切符をつかんだ森選手。

目標は「日の丸を掲げること」。

私も同じ浜松人として、全力で応援させていただきます!

森選手の特集を2日(土)の「Dスポーツ」で放送します。

午後11時30分から是非ご覧下さい!